まずは適度な運動から

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

歯は健康に関係すると言われていて、歯がない状態よりも、
入れ歯でもインプラントでも歯があるほうが、力が入りやすくなるそうです。
高齢社会に向かう日本ですから、
これからもっと歯科医院開業をして元気なお年寄りが多い時代にしていきたいものですね。

ところで、今まで運動をする機会がなかった人にはいきなり動くのはハードルが高いかもしれません。
しかし、自分の心がけ次第で、簡単に体を動かすことができるのです。

駅まで公共機関を使わずに歩いてみる、エレベーターを使わずに階段を使う、
電車で座らず立つ、など通勤中にもできることはたくさんあります。

健康促進効果が期待できるものとして有酸素運動が挙げられます。
有酸素運動とは体脂肪を燃やすための20分以上継続可能な軽度な運動のことです。
例えば、ウォーキングやジョギング、サイクリングやスイミングなどがあります。
普段の生活のなかで取り入れやすいものが多くなっているのが特徴です。

時間のある人はジムに通うことも運動を続けるきっかけになっていいかもしれません。
会員制のジムでは、通常夜間会員や週末会員などを募っているところが多いです。
これは主に働いている人、または育児をしている専業主婦などをターゲットにしています。
一定金額を支払うことによって、ジムの施設が使用できるので、スイミングの他にも
様々なトレーニングマシンを使用した運動、
また、時間があえば、その時間に開催しているクラスを受講することもできます。

このようなジムに昼間行ってみると、シニア世代の活気に満ちていることに驚きます。
今のシニア世代は非常に若く、趣味や自分の輪を広げようと多くの場で活動しています
少しでも健康な生活を送るために世代は関係ありません。
みなさんも少しずつ体を動かして、普段の生活との切替をしてみませんか?

食生活について考える

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

nuts.jpg

食事は毎日の生活の中で必要不可欠なものです。
ところが、一人暮らしをはじめたり、仕事が忙しくなったりすると、
それまで栄養バランスのとれていた食生活が一変してしまうことが多いようです。
自炊することがなくなり、外食が増え、エネルギーの過剰摂取から肥満につながります。バランスのとれた食事をとることが一番ですが、なかなか難しいですね。

では何を摂取することで改善することができるのか、が問題となってきます。

サプリメントなど栄養補助食品を活用している人も多いと思いますが、
今そのサプリメント級の効果があるといわれているのが、ナッツ類です。

ナッツ類は油分が多いと思われがちですが、
食欲を抑える働きがあるため、実はダイエット効果は非常に高いといわれています。

また飲酒をする際にも、アルコールの分解を促進してくれる働きがあります。
血糖値の上昇を抑え、また体内に脂肪を溜め込まず分解してくれます。
お酒を飲む場では、ナッツがおつまみとして出てきますが、実はこんな意味があったんですね。

ナッツには、アーモンド、ピーナッツ、くるみ、カシューナッツ、ピスタチオなど
様々な種類があります。
どのナッツでも健康促進効果や、女性に嬉しいアンチエイジング効果があります。
その中でも血液をサラサラにするくるみやダイエット効果の高いアーモンドが人気です。また、女性に不足しがちな鉄分も同時に摂取することができますよ。

食事の間やおやつなど、毎日5粒から10粒程度食べることを心がけてみましょう。

健康志向

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

近年、日本では健康志向が急激に広まってきてきます。
みなさんが思う健康とは、一体何を思い浮かべますか?

健康とは何か、一言で表そうと思えばなかなか難しいですよね。


まずはなんといっても「食生活」が当然のように健康とは密接な関係があります。

日本の食生活が欧米化していく傾向にあるのは、みなさんご存知だと思います。
脂質の多い食品が増え、欧米と比較するとまだまだ少ないかもしれませんが、
それでも日本でも4人に1人の割合で肥満とよばれる人が存在しています。

もちろん食品だけではなく、朝食を抜いたり、外食が増えたりといった
食生活の乱れも肥満化や現代病の原因のひとつといわれています。

そして近年何よりも求められていることといえば、食の安全でしょう。
特に福島第一原子力発電所での放射能漏れ事故による食品への影響が懸念されています。また、カロリーの高さなども食品を購入する際に重要視されています。


また「運動不足」も健康と大きく関係しています。

毎日通勤電車に乗って、会社と家との往復の生活をしている人が多いと思います。
歩いたり自転車に乗ったりすることはあまりなく、
またジムに通う時間もないというのが現状でしょう。
そうなると日々の生活のなかで、意欲的に体を動かすことがなくなるのです。

そして、このような生活を送ることで、疲労がたまったり、睡眠不足がおこってきます
現代病といわれるストレスがいつのまにか蓄積されていき、
健康とはほど遠い疲れやすい体になってしまいます。

kenkou.jpg